疫病封じの神札頒布のご案内

-神の温かき手に守られて‐

3月28日、当社では古儀に準じて鎮疫祭を執り行いました。
これは、当社が室町時代初期をその始まりとされる疱瘡を始めとする
疫病封じの神事が江戸時代には尾張徳川家にも認められ
『尾張家祈願所』としての役目を果たしてきた故事にも基づきます。
手の印は神社に伝わる古印です。神の手を表し疫神を防ぎ、
人を守ると伝えられています

神札は宮司手製ですので決してみばの良いものではありませんが、
わずかでも皆様の心安めになればと存じ、頒布の案内をさせて頂きます。
時節柄、お出で頂くことが困難である方には郵送等させて頂きます。
メールにてお尋ねいただければと存じます。
                                
                               白山神社宮司拝

疫病除けの御札:初穂料500円(送料含む)